気息(読み)キソク

デジタル大辞泉の解説

き‐そく【気息】

呼吸。いき。「気息をととのえる」
気持ち。気質。
「西洋で新人と云われている連中は、皆―の通っている処があって」〈鴎外青年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐そく【気息】

〘名〙
① いき。いきづかい。呼吸。いきづき。いきざし。
※続日本紀‐文武四年(700)三月己未「端坐縄床、无気息
※養生訓(1713)八「気(キソク)を静(しづか)にしてあらくすべからず」
② 気持。気質。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「一坐の人を観るに気息更に寛舒なるが如く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の気息の言及

【息】より

…呼吸によって生ずる空気の運動のことであり,気息,気ともいわれるが,同時に宇宙に遍満する大気(または風)と連関するとともに人間の存在を支える生命力とも考えられた。したがってその意義も,生理的実体をさす段階から形而上的な霊気をさす段階にいたるまで多様な展開をみせた。…

※「気息」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カスタマーハラスメント

消費者による自己中心的で理不尽な要求や悪質なクレームなどの迷惑行為。略称は「カスハラ」。明確な定義は定まっていないが、商品やサービスの提供側に明らかな過失がないにもかかわらず、執拗に謝罪や対価を要求す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android