コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気息 キソク

デジタル大辞泉の解説

き‐そく【気息】

呼吸。いき。「気息をととのえる」
気持ち。気質。
「西洋で新人と云われている連中は、皆―の通っている処があって」〈鴎外青年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きそく【気息】

いき。呼吸。いきづかい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の気息の言及

【息】より

…呼吸によって生ずる空気の運動のことであり,気息,気ともいわれるが,同時に宇宙に遍満する大気(または風)と連関するとともに人間の存在を支える生命力とも考えられた。したがってその意義も,生理的実体をさす段階から形而上的な霊気をさす段階にいたるまで多様な展開をみせた。…

※「気息」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

気息の関連キーワード器・既・祈・亀・企・冀・几・危・喜・器・基・奇・姫・嬉・季・寄・岐・己・希・帰・幾・徽・忌・悸・愧・揮・旗・既・期・机・棄・棋・機・歸・毀・毅・気・氣・汽・畿・癸・祈・稀・窺・紀・綺・羈・肌・規・記・詭・貴・起・跪・軌・輝・飢・饑・騎・騏・驥・鬼・麾全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯喉頭運動まひ(反回神経まひ)音声障害(声の病気)インド哲学/用語嗄声のいろいろアナクシメネスハタ・ヨーガブラーフマナ反回神経麻痺アニミズム阿吽の呼吸アートマン中山吉成気息奄奄普遍論争理学秘訣海潮音ロゴスかれ声

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気息の関連情報