呼気(読み)コキ

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐き【呼気】

〘名〙 肺から体外へはき出す空気。⇔吸気
※奇病患者(1917)〈葛西善蔵〉「呼気が延び、鼻孔が拡がって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の呼気の言及

【横隔膜】より


[呼吸と腹圧]
 横隔膜が収縮すると,上方に凸のドームが扁平になり,その分だけ胸腔が広がり,胸膜腔内の陰圧が増し,息を吸いこむ(吸気)。また横隔膜が弛緩すると,ドームは再び上方に向けて高まり,胸腔が縮小して息をはき出す(呼気)。われわれが日常行っている呼吸運動には,このような横隔膜の上下運動による横隔膜呼吸(腹式呼吸ともいう)と,肋骨の上下運動による肋骨呼吸(胸式呼吸)とがある。…

【鼻】より

…鼻閉が高度となって口から呼吸すると,吸気に与える鼻の空調作用が失われ,咽頭,喉頭,気管などに悪影響を及ぼすことになる。ふつうの室温で鼻腔から吸気に与える水分は1日約430gで,呼気から鼻腔が回収する水分は1日約130gであるから,鼻腔が1日に失う水分は約300gとなる。また鼻腔が吸気に与えた熱の約1/3が呼気で回収される。…

※「呼気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呼気の関連情報