無知蒙昧・無知曚昧(読み)むちもうまい

精選版 日本国語大辞典「無知蒙昧・無知曚昧」の解説

むち‐もうまい【無知蒙昧・無知曚昧】

〘名〙 (形動) 知識がなく物事道理を知らないこと。また、そのさま。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「無智蒙昧なるが故にを得ずして虐政の下に立ち君主一人の独断にて随意にを施すと雖ども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android