無臭(読み)ムシュウ

デジタル大辞泉 「無臭」の意味・読み・例文・類語

む‐しゅう〔‐シウ〕【無臭】

においやくさみがないこと。「無味無臭液体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「無臭」の意味・読み・例文・類語

む‐しゅう‥シウ【無臭】

  1. 〘 名詞 〙 くさみがないこと。また、全くにおいがないこと。
    1. [初出の実例]「余りに無臭なる人間は何人にも同類視せられざるが故に孤立す」(出典:搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉如是閑語)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「無臭」の解説

無臭(ムッシュ)

株式会社アドフィールドのペダル式ゴミ箱。内蓋が密着し、ゴミの臭いが漏れにくい。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android