無臭(読み)むしゅう

精選版 日本国語大辞典「無臭」の解説

む‐しゅう ‥シウ【無臭】

〘名〙 くさがないこと。また、全くにおいがないこと。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉如是閑語「余りに無臭なる人間は何人にも同類視せられざるが故に孤立す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無臭」の解説

む‐しゅう〔‐シウ〕【無臭】

においやくさみがないこと。「無味無臭の液体」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android