コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無装荷ケーブル むそうかケーブル

百科事典マイペディアの解説

無装荷ケーブル【むそうかケーブル】

装荷ケーブルに対し,装荷コイルを挿入しない方式の通信ケーブル。装荷ケーブルの欠点を除去するため,松前重義,篠原登が発明したもので,長距離の多重通信に適し,搬送ケーブルが代表的。
→関連項目海底ケーブル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の無装荷ケーブルの言及

【電気通信】より

…しかしながら,装荷ケーブル方式は伝送周波数帯域幅が限定され,したがって多重通信方式には適さなかった。そこで再び装荷線輪を取りはずし,多重通信を意図して32年に松前重義により提案された方式が無装荷ケーブル方式であり,これはその後内外における重要電話幹線網に広く採用されることになった。 ラジオやテレビ放送では一つの空間を伝送路とし,搬送周波数をかえて多数のチャンネルを同時に伝送している。…

※「無装荷ケーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無装荷ケーブルの関連キーワード松前 重義電気工学小林宏治電話

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android