コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前重義 まつまえしげよし

3件 の用語解説(松前重義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松前重義
まつまえしげよし

[生]1901.10.24. 熊本
[没]1991.8.25. 東京
技術者,政治家,東海大学創立者。電信電話の無装荷ケーブル搬送方式の発明者。東北大学を卒業,逓信省に入る。 1941年,大政翼賛会総務部長。 1944年東条英機首相を批判,2等兵召集の報復を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松前重義 まつまえ-しげよし

1901-1991 昭和時代の電気工学者,政治家。
明治34年10月24日生まれ。逓信省にはいり,篠原登と共同で無装荷ケーブル方式による電話システムを発明。工務局長のとき東条英機首相を批判し,二等兵として前線におくられた。昭和18年航空科学専門学校(現東海大)を創設。20年逓信院総裁。27年衆議院議員(当選6回,社会党)。42年東海大総長。国際柔道連盟会長。平成3年8月25日死去。89歳。熊本県出身。東北帝大卒。
【格言など】若き日に汝の思想を培え……若き日に汝の希望を星につなげ(東海大学「建学訓」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松前重義
まつまえしげよし
(1901―1991)

電気工学者。熊本県嘉島(かしま)町に生まれる。1925年(大正14)東北帝国大学電気工学科を卒業して逓信(ていしん)省に入る。当時逓信省工務局では東京―名古屋間の電話回線に、ピューピンが発明した装荷ケーブルをアメリカのウェスタン・エレクトリック社(現、アルカテル・ルーセント)より輸入し敷設したが、これには多額の特許権料が必要であった。松前は日朝直通電話回線に取り組むなかで、信号電流の減衰を増幅器で、漏話をケーブル構造で除くことを考え、篠原登(しのはらのぼる)(1904―1984)とともに1932年(昭和7)無装荷ケーブル方式を発明し、1937年には東京―奉天(現在の瀋陽(しんよう))間約2700キロメートルの無装荷ケーブル回線が実現した。この無装荷ケーブル方式は日本だけでなく広く国外でも採用され、多重通信に進歩をもたらした。太平洋戦争中、時の総理大臣東条英機(ひでき)の政策に反対し、一兵卒として召集された。1945年(昭和20)逓信院総裁、1952年より6回にわたり衆議院議員に当選。東海大学総長を務めた。[田中國昭]
『『松前重義著作集1~3』(1976~1977・東海大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松前重義の言及

【電気通信】より

…しかしながら,装荷ケーブル方式は伝送周波数帯域幅が限定され,したがって多重通信方式には適さなかった。そこで再び装荷線輪を取りはずし,多重通信を意図して32年に松前重義により提案された方式が無装荷ケーブル方式であり,これはその後内外における重要電話幹線網に広く採用されることになった。 ラジオやテレビ放送では一つの空間を伝送路とし,搬送周波数をかえて多数のチャンネルを同時に伝送している。…

※「松前重義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松前重義の関連キーワード荒川文六岩片秀雄神田選吉関重広堤秀夫福田節雄藤高周平本野亨山本勇横地伊三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松前重義の関連情報