コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然るを サルヲ

デジタル大辞泉の解説

さる‐を【然るを】

[接]《動詞「さ(然)り」の連体形+接続助詞「を」から》前に述べた事柄を受けて、それと相反する説明を加える場合に用いる。ところが。そうではあるが。
「いとかしこく思ひかはして、異心(ことごころ)なかりけり。―いかなる事かありけむ」〈伊勢・二一〉

しかる‐を【然るを/×而るを】

[接]それなのに。ところが。
「親父の脚(すね)をかじって…。―生意気に絹の衣服(きもの)を被たり」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さるを【然るを】

( 接続 )
先行の事柄に対し後続の事柄が、反対・対立の関係にあることを表す語。ところが。 「をとこ女…異心なかりけり。-いかなる事かありけむ/伊勢 21

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然るをの関連キーワードすね親試事柄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android