コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪内逍遥 つぼうち しょうよう

美術人名辞典の解説

坪内逍遥

評論家・小説家劇作家。愛知県生。名は雄蔵、別号に春迺屋朧・柿叟・双柿等。『小説神髄』を発表、また「没理想論争」を森鴎外との間で展開する。演劇の改良に力を注ぎ、『桐一葉』等の戯曲を発表、俳優の養成に努める。『シェークスピア全集』を完成させたことも翻訳家としての功績である。昭和10年(1935)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つぼうち‐しょうよう〔‐セウエウ〕【坪内逍遥】

[1859~1935]評論家・小説家・劇作家。美濃の生まれ。本名、雄蔵。別号、春廼舎朧(はるのやおぼろ)など。文学論「小説神髄」、小説「当世書生気質(とうせいしょせいかたぎ)」を発表、写実主義を提唱し、日本の近代文学の先駆者となった。明治24年(1891)「早稲田文学」を創刊。シェークスピアの研究・翻訳や、文芸協会を主宰して演劇運動にも尽力。他に戯曲「桐一葉」「新曲浦島」「役(えん)の行者」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

坪内逍遥【つぼうちしょうよう】

小説家,劇作家,評論家。本名勇蔵のちに雄蔵。美濃国生れ。東大政治学科卒。1885年《小説神髄》を書き《当世書生気質(かたぎ)》を発表して写実による近代文学の方向を示した。
→関連項目秋田雨雀役行者小川未明お夏清十郎幸田露伴国民之友斎藤緑雨嵯峨の屋お室シェークスピア児童劇島村抱月新曲浦島坪内士行当世書生気質登張竹風中村星湖日本舞踊長谷川天渓藤蔭静枝文芸協会ページェント松井須磨子三宅花圃百合若大臣読売新聞早稲田大学早稲田派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪内逍遥 つぼうち-しょうよう

1859-1935 明治-昭和時代前期の小説家,劇作家,評論家。
安政6年5月22日生まれ。東京専門学校(現早大)の講師をへて教授。明治18年評論「小説神髄」,小説「当世書生気質(かたぎ)」を発表し,近代的な写実主義文学をとなえる。24年「早稲田文学」を創刊。演劇の改良をこころざし戯曲「桐一葉」などを創作。39年文芸協会を組織。シェークスピアの全作品を完訳した「沙翁全集」もある。昭和10年2月28日死去。77歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。東京大学卒。名は勇蔵のち雄蔵。別号に春の屋おぼろなど。
【格言など】小説の主脳は人情なり,世態風俗これに次ぐ(「小説神髄」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坪内逍遥

没年:昭和10.2.28(1935)
生年:安政6.5.22(1859.6.22)
明治から昭和の小説家,劇作家,評論家,翻訳家,教育家。本名勇蔵のち雄蔵,別号春の屋おぼろなど。美濃国太田村(岐阜県美濃加茂市)生まれ。父は尾張藩代官所役人。名古屋に移り住み,母の影響で芝居に親しむ。貸本屋大惣に日参,江戸戯作を耽読。上京し開成学校(東大)に入り,高田早苗らと交友,シェークスピアなど西洋文学に目覚めた。学生時代,落第したこともあって文学勉強を押進。それが『小説神髄』(1885~86)の写実小説論にまとめられる。滝沢馬琴の『八犬伝』を批判したのも,今までの自分から一歩出ようとした試みであった。同時期の小説『当世書生気質』も好評で,正岡子規も読んで興奮した。『妹と背かがみ』(1885~86)から『細君』(1889)になると,その心理描写も高度であるが,この作で小説の筆を折り,以後演劇革新に集中。早くから東京専門学校(早大)で教え,文芸誌『早稲田文学』を創刊(1891),多数の俊秀を育て,森鴎外と「没理想論争」を戦わせた。『桐一葉』(1894~95)は歴史劇として知られ,『国語読本』の編集も中等教育に影響を与えた。日露戦争後に文芸協会を組織,戯曲『役の行者』(1917)を得た。シェークスピアの完訳も達成,その活動は晩年まで衰えなかった。明治から昭和まで3代にわたって多方面に活動した姿は,日本の近代文学,芸術の縮図ともなっていよう。<著作>『増補版逍遥選集』全17巻<参考文献>『坪内逍遥事典』

(中島国彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つぼうちしょうよう【坪内逍遥】

1859‐1935(安政6‐昭和10)
小説家,劇作家,評論家,教育家。本名勇蔵,のち雄蔵。別号春の屋朧(おぼろ)など。美濃国(岐阜県)生れ。1883年東大政治学科卒。在学中に《春風情話》(スコット原作)の翻訳を手がけるなど,西洋文学への関心をたかめていくうちに,東西の小説観の落差を自覚,85年から86年にかけて《小説神髄》を発表して,写実主義小説の路線を設定するとともに,文学の自律性を説いた。ついでその理論の応用編ともいうべき《当世書生気質(かたぎ)》(1885‐86)をはじめとして,《新磨(しんみがき) 妹と背かゞみ》《内地雑居 未来の夢》などの作品を公にするが,二葉亭四迷との邂逅(かいこう)をきっかけに,自己の創作方法に疑問をもつようになり,89年の《細君》を最後に小説の筆を折った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つぼうちしょうよう【坪内逍遥】

1859~1935) 小説家・評論家・劇作家・翻訳家・教育家。美濃国生まれ。本名、雄蔵。別号、春のや主人・春のやおぼろ・小羊など。東大卒。早大教授。近代小説の理論書「小説神髄」で心理的写実主義を提唱、実践作「当世書生気質」「細君」を世に問うた。以後「早稲田文学」の刊行に尽力、史劇に新領域を開き「桐一葉」「牧の方」「役の行者」などを残した。シェークスピア全集の個人訳がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の坪内逍遥の言及

【演劇改良運動】より

…推進側の見解は外山正一《演劇改良論私考》,末松謙澄《演劇改良意見》に代表されるが,残忍・卑猥な劇行為の表現をやめること,女方のかわりに女優を用いること,舞台上での義太夫や黒衣が不合理であること,台詞づかいや衣装その他を写実にすべきことなどが主張された。これに対し,坪内逍遥は第一に必要なのは脚本の改良であるべきで,それも勧善懲悪の功利主義に陥ってはならないと指摘したし,やがて帰国した森鷗外も脚本の尊重とともに歌劇とドラマの区別を訴えた。また,無一庵無二(伊藤左千夫)は上等社会のためではなく,民衆のための改良を強調して批判した。…

【演劇教育】より

…また,日本の近代的な児童文化・児童文学の創始者といわれる巌谷小波はドイツでの見聞をもとに,1903年ころから〈学校芝居〉を提唱し,そのための脚本を発表した。さらに,大正期の新教育運動の中で,あるいはその影響のもとに,私立成城学園の学校劇運動や,坪内逍遥による児童劇運動などが始められ,演劇教育は一定の普及をみた。しかし,24年には,〈学校劇禁止令〉として知られる文部省による禁止措置がとられ,第2次大戦後民主教育が発足するまで学校教育の中に正当な市民権を与えられなかった。…

【虚実】より

… なお,この虚実の問題は,写実主義・自然主義などのように,現実対象の忠実な再現的描写を志す芸術の表現理論に共通する課題であって,明治以降もしばしば論争の種となっている。例えば坪内逍遥の《小説神髄》における模写主義の提唱は,虚構を排し事実をとることを説いたものであるが,これに対し二葉亭四迷は《小説総論》で〈虚相〉を写すべきことを主張し,森鷗外は〈早稲田文学の没理想〉(1891)で,逍遥の没理想論は世界は〈実(レアアル)〉ばかりでなく〈想(イデエ)〉に満ち満ちているという重大なことを見落としていると反駁(はんばく)した。さらに石橋忍月は《舞姫》評で〈虚実の調和〉ということを説いている。…

【桐一葉】より

…戯曲。坪内逍遥作。読本体と実演用の2種類がある。…

【シェークスピア】より

…20世紀中葉以後は従来の諸方法に加えて,N.フライらの神話批評,F.ファーガソンらの構造論的批評,精神分析医E.ジョーンズらの精神分析的批評,記号論的批評などあらゆる派の批評がシェークスピアの作品を対象として取り上げるようになり,シェークスピア批評はすべての文芸批評の方法の合流点となった。
[日本での受容]
 日本へは明治の初めごろに紹介され,いくつかの翻案がおこなわれたが,翻訳としては坪内逍遥が《ジュリアス・シーザー》を浄瑠璃風に訳した《該撤(シイザル)奇談 自由太刀余波鋭鋒(じゆうのたちなごりのきれあじ)》(1884)が代表的である。さらに逍遥は独力で全作品の翻訳に取り組み,1928年にそれを完成した。…

【ジュリアス・シーザー】より

…この劇は政治における理想と現実,支配者と民衆の関係,修辞的弁舌の効用などについて問題を提起するほか,ブルータスの内面描写にはのちのシェークスピア悲劇における主人公の性格創造の内面化がみられる。日本でも早くから紹介されたが,1884年に坪内逍遥は《該撒(シイザル)奇談 自由太刀余波鋭鋒(じゆうのたちなごりのきれあじ)》(1901年に明治座で上演)として浄瑠璃風に翻訳した。【笹山 隆】。…

【小説】より

…現代のわれわれは,これら小説を装ったロマンスやアレゴリーをも小説と呼んでいる。英語の〈ノベル〉の訳語として〈小説〉を採用したのは坪内逍遥であり,以来この語は前述したような西欧的小説概念を意味しているが,実際は外観が標準的小説に似ているものはすべて〈小説〉と呼ばれるのがふつうで,作者の生活記録に近い私(わたくし)小説やノンフィクションに近い伝記・歴史物語,純然たる恋愛ロマンスまでがひとしなみに〈小説〉と呼ばれている。また日本では長編も短編も〈小説〉であるが,西欧では長編(novel,roman)と短編(short story,コントconteなど)は別個のジャンルとして意識されている。…

【小説神髄】より

坪内逍遥の小説論。1885‐86年刊。…

【新楽劇論】より

…演劇書。坪内逍遥著。1904年(明治37)11月刊。…

【新歌舞伎】より

…しかし,1881年江戸生え抜きの作者河竹黙阿弥が,新時代順応の限界を悟って引退を声明,その後も人なきがために筆をとっていたが,門弟に発展的継承がみられず,93年の黙阿弥の死は,それまでの狂言作者制度の崩壊を意味することになった。劇場外文学者の作品提供にはそうした事情もあり,やがて松居松葉坪内逍遥らが登場する。94年逍遥の《桐一葉》の《早稲田文学》への発表がそれであり,次いで99年松葉の《悪源太》,1904年前記《桐一葉》の舞台化が幕明けとなる。…

【新曲浦島】より

…3幕11景。坪内逍遥作。1904年11月早稲田大学出版部から公刊。…

【新劇】より


[草創期の新劇]
 日本的近代写実演劇確立への動きは,早稲田大学を背景に1906年に設立された文芸協会に始まる。これは文学,芸術を含む広範な進歩的文化事業を意図していたが,演劇的には坪内逍遥の指導する朗読研究会〈易風会(えきふうかい)〉の発展的解消であり,その公演は早稲田派の文士劇とみられていた。協会は09年5月,逍遥の私邸に新俳優養成のための演劇研究所(男女共学)を開設,当時,新俳優の養成機関は,新派の男優養成を意図する藤沢浅二郎主宰の〈東京俳優養成所〉(1908年11月開所。…

【当世書生気質】より

坪内逍遥の長編小説。1885年(明治18)6月~86年1月,17分冊で刊行。…

【ハムレット】より

…しかし20世紀に入ると,こうした性格批評よりも,〈強いられた状況の劇〉〈権力と世襲との劇〉など,劇全体のモティーフやドラマの構造原理に,より大きな関心が払われることが多い。 日本への初期の移入では,明治半ばに外山正一や矢田部良吉による部分訳(いずれも《新体詩抄》(1882)所収),仮名垣魯文による翻案《葉武列土倭錦絵(ハムレツトやまとにしきえ)》(1886)などが試みられたが,完訳は戸沢姑射(こや)(正保)と浅野馮虚(ひようきよ)(和三郎)の共訳(1905),それに続く坪内逍遥訳(1909)以降である。逍遥訳初版は,もっぱら実演に便宜なように企図したため,訳詞が歌舞伎式,七五調となったと彼自身述懐している。…

【文芸批評】より

…【清水 徹】
[日本]
 幕末の洋学移入の延長線上に入ってきた西洋思想とその紹介が,まず明治初年の啓蒙思想として流布し,そのなかから文学論が散発的に現れた。チェンバー兄弟編の百科全書の文学項目(Rhetorics and Belles Lettres)が菊池大麓によって《修辞及華文》(1879)として訳され,また《新体詩抄》(1882)の序文が詩論の発端を示すなどして,やがて坪内逍遥《小説神髄》(1885‐86)が出て近代文芸評論は成立する。このリアリズム小説論は,二葉亭四迷〈小説総論〉(1886)の虚構理論に発展し,明治20年代にいたって坪内逍遥と森鷗外との論争などを通じて,文芸批評は時代の文学への指導的役割を確立する。…

【沓手鳥孤城落月】より

…戯曲。坪内逍遥作。《桐一葉》の続編にあたる。…

【良寛と子守】より

…1幕。坪内逍遥作。1929年6月東京帝国劇場初演。…

【歴史劇】より

…これは9世市川団十郎や河竹黙阿弥を中心にして,それに福地桜痴や依田学海らが加わって進められたが,史実に忠実のあまり,芸術的完成度の点では満足すべきものではなかった。しかし,この運動を契機として,やがて坪内逍遥の歴史劇論や新史劇創作への道が開かれた。これが逍遥らによる〈新歌舞伎〉の運動であり,史実に忠実であると同時に歌舞伎の伝統美をもうけついでいる芸術的な作品がここから生まれた。…

【早稲田大学】より

…また,政治に限らず,日本の経済,社会,学術,文化の各分野の発展にも大きな足跡を刻んでいる。開校翌年から教壇に立った坪内逍遥の文芸活動は,1890年文学科を設置して文学教育のとりでを築き,翌91年には雑誌《早稲田文学》を創刊して早稲田文学の土壌を育成するなど多彩であった。このなかから文壇をリードする優れた作家,文芸家が多数輩出した。…

※「坪内逍遥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坪内逍遥の関連キーワード野口雨情(のぐちうじょう)早稲田大学演劇博物館近世列伝体小説史自由太刀余波鋭鋒貧しき人々の群さまざまな青春新舞踊劇運動演劇博物館沢田正二郎寒山拾得食満南北河竹繁俊鈴木筆子新歌舞伎新楽劇論勧懲小説新舞踊劇新劇運動五十嵐力新舞踊

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坪内逍遥の関連情報