焼き蛤(読み)ヤキハマグリ

デジタル大辞泉の解説

やき‐はまぐり【焼き×蛤】

ハマグリを殻つきのまま、松かさ・松葉、または炭火で焼いたもの。それに含まれている塩味だけで食する。三重県桑名の名産。また、ハマグリのむき身を串に刺し、醤油などで付け焼きにしたもの。やきはま。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やきはまぐり【焼き蛤】

ハマグリを殻ごと焼いたもの。また、むき身を竹串に刺して焼いたもの。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

やきはまぐり【焼き蛤】


はまぐりを殻つきのまま火であぶって焼いた料理。または、はまぐりのむき身を串に刺してつけ焼きにした料理。三重県桑名市の名物料理となっている。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android