コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き蛤 ヤキハマグリ

4件 の用語解説(焼き蛤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やき‐はまぐり【焼き×蛤】

ハマグリを殻つきのまま、松かさ・松葉、または炭火で焼いたもの。それに含まれている塩味だけで食する。三重県桑名の名産。また、ハマグリのむき身を串に刺し、醤油などで付け焼きにしたもの。やきはま。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

やきはまぐり【焼き蛤】

はまぐりを殻つきのまま直火で焼いた料理。または、はまぐりのむき身を串に刺してつけ焼きにした料理。三重・桑名の名物料理となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やきはまぐり【焼き蛤】

ハマグリを殻ごと焼いたもの。また、むき身を竹串に刺して焼いたもの。 [季] 春。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

やきはまぐり【焼き蛤】


はまぐりを殻つきのまま火であぶって焼いた料理。または、はまぐりのむき身を串に刺してつけ焼きにした料理。三重県桑名市の名物料理となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼き蛤の関連キーワードチョウセンハマグリ生栗蛤鍋蛤刃茹で卵貝焼着の儘貝焼き鬼殻焼き栄螺の壺焼き

焼き蛤の関連情報