桑名(読み)くわな

精選版 日本国語大辞典「桑名」の解説

くわな くはな【桑名】

[1] 三重県北東部、伊勢湾に面する地名。戦国末期から伊勢、尾張の二国を結ぶ要地として繁栄。江戸時代は松平氏一一万石の城下町、東海道の宿場町、米、木材、油などの市場町として発展した。現在はJR関西本線、近鉄名古屋線で名古屋と結ばれ、その都市圏に組み込まれている。また、中京工業地帯の一部を形成する工業都市でもある。桑名城跡、桑名宗社などがある。蛤で有名。昭和一二年(一九三七)市制。
[2] 〘名〙 女陰をいう。
※雑俳・柳多留‐一四〇(1835)「湯屋の羽目岐阜と桑名の国堺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android