コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑名 クワナ

大辞林 第三版の解説

くわな【桑名】

三重県北部、揖斐いび川河口にある市。伊勢路の入り口で、海上七里の渡しの乗船場。東海道の宿場町、また松平氏の城下町として繁栄。現在は鋳物・金属工業のほか商業も盛ん。焼き蛤はまぐりで有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桑名の関連キーワードイオン桑名ショッピングセンター桑名広域環境管理センター三重県桑名市上之輪新田三重県立桑名高等学校三重県桑名市北川原台三重県桑名市上深谷部三重県桑名市北鍋屋町三重県桑名市星見ヶ丘三重県桑名市下深谷部三重県桑名市城南萱町三重県桑名市吉津屋町三重県桑名市元赤須賀三重県桑名市三ツ矢橋三重県桑名市希望ケ丘三重県桑名市清竹の丘三重県桑名市嘉例川三重県桑名市川口町三重県桑名市川崎町三重県桑名市益生町三重県桑名市松並町

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑名の関連情報