コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑名 クワナ

大辞林 第三版の解説

くわな【桑名】

三重県北部、揖斐いび川河口にある市。伊勢路の入り口で、海上七里の渡しの乗船場。東海道の宿場町、また松平氏の城下町として繁栄。現在は鋳物・金属工業のほか商業も盛ん。焼き蛤はまぐりで有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桑名の関連キーワードイオン桑名ショッピングセンター桑名広域環境管理センター三重県桑名市多度町猪飼三重県桑名市清竹の丘三重県立桑名高等学校三重県桑名市北鍋屋町三重県桑名市吉津屋町三重県桑名市北川原台三重県桑名市希望ケ丘三重県桑名市元赤須賀三重県桑名市入江葭町三重県桑名市京橋町三重県桑名市太平町三重県桑名市大央町三重県桑名市小貝須三重県桑名市五反田三重県桑名市高塚町三重県桑名市立花町三重県桑名市矢田磧三重県桑名市有楽町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑名の関連情報