コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼け死ぬ ヤケシヌ

デジタル大辞泉の解説

やけ‐し・ぬ【焼け死ぬ】

[動ナ五][文][ナ四・ナ変]火に焼かれて死ぬ。焼死する。「逃げ後れて―・ぬ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やけしぬ【焼け死ぬ】

( 動五 ) [文] ナ四・ナ変 やけし・ぬ
火に焼かれて死ぬ。焼死する。 「火事で-・ぬ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焼け死ぬの関連キーワード飛んで火に入る夏の虫フェニックスギリシア神話焦がれ死に焼け死に鼠の浄土火事大話けし

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼け死ぬの関連情報