焼死(読み)しょうし(英語表記)conflagration

翻訳|conflagration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼死
しょうし
conflagration

火災や火熱が原因となって,現場で即死するか,あるいはその後短時間で死亡するものをいう。死体の大多数は,現場に発生した一酸化炭素に中毒して死亡するので,死体血液を調べると,多量の一酸化炭素ヘモグロビンが検出される。さらに,すすの吸入,紅斑性および水疱性火傷,咽喉部の火傷などがあれば,焼死体と考えてよい。犯罪のなかには,殺害後,家に放火し,過失による焼死を偽装することがあるが,上記の点を確認することで焼死と区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐し〔セウ‐〕【焼死】

[名](スル)焼け死ぬこと。「火事に逃げ遅れて焼死する」「焼死者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうし【焼死 death by fire】

火災によって死亡することの総称。火災現場では,火炎との接触やその放射熱による熱作用,熱気や煙の吸引,燃焼による酸素欠乏などの影響を受けるが,直接の死因はほとんどが火傷か一酸化炭素中毒である。しかし,解剖などの十分な検査によっていくつかの因子の影響によると判断される場合や,解剖していないため一原因に決めかねる場合には,死因を焼死とすることが多い。火災時の煙の中に存在する有毒成分の主たるものは一酸化炭素である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうし【焼死】

( 名 ) スル
焼け死ぬこと。 「火災で多くの人が-した」 「 -体たい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐し セウ‥【焼死】

〘名〙 焼け死ぬこと。やけじに。
中華若木詩抄(1520頃)上「人馬水に溺れて死せねば焼死す」

やけ‐じに【焼死】

〘名〙 火に焼かれて死ぬこと。しょうし。〔日葡辞書(1603‐04)〕

やけ‐し・ぬ【焼死】

〘自ナ五(四)〙 やけし・ぬ 〘自ナ変〙 焼けて死ぬ。火に包まれて死ぬ。焼死する。
※今昔(1120頃か)二「汝が父母の家に失火出来て、父母眷属の大小、一時に焼死き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼死の関連情報