焼(き)筆(読み)ヤキフデ

精選版 日本国語大辞典の解説

やき‐ふで【焼筆】

〘名〙 箸(はし)のような柔らかい木の端を焼き焦がして作った炭の筆。ぬぐえばその跡がすぐ消えるので、下絵を書くのに用いた。朽筆(くちふで)。土筆(どひつ)
※羅葡日辞書(1595)「Describo〈略〉yaqifude(ヤキフデ) ヲモッテ シタエヲ カク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android