コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土筆/筆頭菜 ツクシ

6件 の用語解説(土筆/筆頭菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つくし【土筆/筆菜】

早春に出るスギナの胞子茎。筆状で淡褐色、節に「はかま」とよぶ葉がつく。頂部から胞子を出すと枯れる。食用。筆頭菜(ひっとうさい)。つくづくし。つくしんぼ。 春》「古草にうす日たゆたふ―かな/竜之介

つくづくし【土筆】

《「つくつくし」とも》ツクシの別名。 春》「―ここらに寺の跡もあり/千代女

ど‐ひつ【土筆】

「つくし」に当てた漢字「土筆」を音読みにした語。
焼き筆(ふで)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つくし【土筆】

スギナの胞子茎。茶褐色で節に袴はかまがあり、茎頂に筆の穂状の胞子囊穂がつく。早春に出る。食用ともする。 [季] 春。 《 まゝごとの飯もおさいも-かな /星野立子 》

つくづくし【土筆】

つくしの異名。つくつくし。 [季] 春。 「蕨・-、をかしき籠に入れて/源氏 早蕨

どひつ【土筆】

ツクシのこと。ツクシにあてた「土筆」を音読したもの。
焼き筆 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土筆/筆頭菜の関連キーワード小胞子杉苔杉菜過ぎない花鑢地っ子杉菜藻スギナ葉さび病(シロクローバ)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone