コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土筆/筆頭菜 ツクシ

デジタル大辞泉の解説

つくし【土筆/筆菜】

早春に出るスギナの胞子茎。筆状で淡褐色、節に「はかま」とよぶ葉がつく。頂部から胞子を出すと枯れる。食用。筆頭菜(ひっとうさい)。つくづくし。つくしんぼ。 春》「古草にうす日たゆたふ―かな/竜之介

つくづくし【土筆】

《「つくつくし」とも》ツクシの別名。 春》「―ここらに寺の跡もあり/千代女

ど‐ひつ【土筆】

「つくし」に当てた漢字「土筆」を音読みにした語。
焼き筆(ふで)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくし【土筆】

スギナの胞子茎。茶褐色で節に袴はかまがあり、茎頂に筆の穂状の胞子囊穂がつく。早春に出る。食用ともする。 [季] 春。 《 まゝごとの飯もおさいも-かな /星野立子 》

つくづくし【土筆】

つくしの異名。つくつくし。 [季] 春。 「蕨・-、をかしき籠に入れて/源氏 早蕨

どひつ【土筆】

ツクシのこと。ツクシにあてた「土筆」を音読したもの。
焼き筆 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報