コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼(き)締め ヤキシメ

デジタル大辞泉の解説

やき‐しめ【焼(き)締め】

《「やきじめ」とも》
陶器の素地(きじ)を焼いて固めること。そのあとで釉(うわぐすり)をかけ、低火度で焼き上げる。締め焼き。
高温の酸化炎で焼いた、のかかっていない焼き物。備前焼信楽焼(しがらきやき)など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

焼(き)締めの関連キーワードうわぐすり青木木米常滑焼壺屋焼火襷

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android