コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信楽焼 しがらきやき

6件 の用語解説(信楽焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信楽焼
しがらきやき

滋賀県甲賀郡信楽地方で産する陶器。開窯は奈良時代。甲賀郡雲井村からこの時代の瓦が発見されている。平安時代以降はこのほか,種壺や酒壺など日常雑器を焼いた。赤褐色の焼締った地肌に暗緑色の灰釉 (かいゆう) がかかった信楽焼の特色は,平安時代末期頃から現れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しがらき‐やき【楽焼】

信楽地方から産する陶器。鎌倉初期のころ成立、室町時代茶の湯の勃興(ぼっこう)とともに注目された。現在は雑器から茶器までが作られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

信楽焼【しがらきやき】

滋賀県甲賀市信楽に産する陶器の総称。奈良時代より焼かれていたといわれるが,現在いわれるような特色をもつ信楽焼は平安末期からつくられ,鎌倉〜室町ごろの製品を古信楽と呼ぶ。
→関連項目北大路魯山人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しがらきやき【信楽焼】

滋賀県甲賀郡信楽町一帯で作られるやきものの総称。その発生の背景には須恵器(すえき)生産の伝統があるとされている。信楽焼は酸化炎焼成による無釉焼締め陶で,本格的な陶窯は平安末~鎌倉初期ごろから始められたとみられている。しかし鎌倉時代の遺例は少なく,室町以降に属するものが多い。中世の古窯址は信楽川をはさんだ丘陵地にあり,5群70基をこすとみられている。器種は壺,甕(かめ),擂鉢(すりばち)が主流で,素地(きじ)は長石粒や石英粒を多く含んだ山土を用い,明るく赤褐色に焼きあがったものが多く,肩に檜垣(縄目)文を刻んだり,自然釉のかかったものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しがらきやき【信楽焼】

信楽産の陶器。古く奈良時代に渡来人によって始められたといわれるが、室町時代、茶道の流行とともに、日用雑器の類が茶道具としてとりあげられ有名になった。現在は茶器のほか火鉢・植木鉢・タイルなどの雑器が主流となっている。しがらき。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信楽焼
しがらきやき

滋賀県甲賀(こうか)市信楽町を中心として焼かれる陶磁器の総称。甲賀郡には上代の須恵器(すえき)の窯がみつかっているが、これは信楽焼には含まない。須恵器の伝統にのって、鎌倉時代に新しい酸化炎焼成による焼き締め陶に転じた時点をもって信楽焼の成立とする。信楽焼は本来無釉(むゆう)で、純白色に近い良質の胎土を用い、高火度の酸化炎を受けて地肌が赤褐色に焦げ、しかも焼成中に緑色の自然釉がとっぷりと器体にかかって景色をつくる。素地の中に長石の粒子が多く、それが器表に現れているのも特徴である。このような特色を備えた中世の信楽焼が大壺(つぼ)、甕(かめ)、擂鉢(すりばち)を主力製品とするのは、当時の地方窯の一般的なあり方であった。中世信楽焼の窖窯(あながま)形式の古窯址(し)は、南松尾、窯ヶ谷、ズン越、中井出などに散在する。
 室町後期の16世紀中葉から、信楽焼はわび茶をおこした茶人に注目されて茶道具(とくに水指、花入れ、茶碗(ちゃわん)など)を焼造するようになり、室町、桃山、江戸時代の代表的茶人の名を冠して紹鴎(じょうおう)信楽、利休信楽、新兵衛信楽、宗旦(そうたん)信楽、空中(くうちゅう)信楽などに作風が分類されている。茶具窯として大人気を博しながら、江戸中期以降は茶具作りが下火となり、作陶力の低下をきたした信楽焼は、藁灰(わらばい)による白釉、銅呈色の緑釉、鉄呈色の黒褐釉を人工施釉して、全国的に流布した日常雑器や大壺を焼く特色のない一地方窯となってしまった。[矢部良明]
『平野敬三編『日本のやきもの5 信楽』(1976・講談社) ▽平野敬三著『信楽』(1982・技報堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信楽焼の関連情報