コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化炎 さんかえん oxidizing flame

4件 の用語解説(酸化炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化炎
さんかえん
oxidizing flame

過剰の空気や酸素を含むガス炎の外炎部のこと。完全燃焼に近い酸化反応を起している部分で,炎のうちで最高の温度を示す。温度が高く,酸素の補給が十分なため,この部分は強い酸化作用を示す。特殊構造のバーナでは内炎その他の部分が酸化炎となることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんか‐えん〔サンクワ‐〕【酸化炎/酸化×焔】

酸素の供給が十分で、燃焼生成物の二酸化炭素水蒸気のほかに高温の酸素を含み、酸化性がある炎(ほのお)。ブンゼンバーナー外炎など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸化炎【さんかえん】

のうち,燃料ガスが空気と混ざり合いほぼ完全燃焼している部分。還元炎の対。通常のバーナーでは外炎。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化炎
さんかえん
oxidizing flame

気化した燃料が空気または酸素の供給を受けながら燃焼を継続しているときに生ずる炎は、炎心、内炎、外炎の三つに分画できる構造を示す。外炎は外部の空気に接触している部分で、酸化性物質を含んでいるために酸化反応がおこりやすく、酸化炎という。炎でもっとも高温度となる部分は、内炎(還元炎)の頂点の直上部にある外炎底部である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酸化炎の言及

【土器】より

…この化学変化によって可塑性は失われ,水につけても溶けない性質を帯びる。土器を焼く際に酸素を十分にあたえると(酸化炎),粘土中の鉄分が赤い酸化第二鉄となり,また二次粘土に含まれる黒い微小な有機質が燃え尽きるため,赤く明るい色に仕上がる。ただし不完全燃焼の状況が生じると,くすんだ色に仕上がる。…

※「酸化炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸化炎の関連キーワードガス交換酸素酸酸素富化膜外炎脱酸内炎廃ガス爆発ガス過剰空気ソフィオニ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化炎の関連情報