コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前焼 びぜんやき

6件 の用語解説(備前焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備前焼
びぜんやき

岡山県の備前一帯で産する陶器の総称。伊部で焼かれた伊部焼がこれを代表する。 1200℃前後の温度で長時間焼き締められた褐色陶。起源は須恵器の時代までさかのぼるが,備前焼としての特色が完成するのは鎌倉時代初期。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

びぜん‐やき【備前焼】

備前から産する陶器。多く無釉(むゆう)で、火襷(ひだすき)などを特色とする。古代の須恵器が起源とされ、桃山時代から江戸中期に隆盛。桃山以前のものを古備前、江戸以降のものを伊部(いんべ)焼ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

備前焼【びぜんやき】

岡山県の備前市(旧伊部村)を中心に産する焼物。伊部(いんべ)焼とも。長時間かけて焼きしめた褐色の陶質土器。平安・鎌倉期から瓶,壺,鉢等の実用品が焼かれ,室町期にはそのほかに徳利や茶陶も焼かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

びぜんやき【備前焼】

岡山県の東南部,備前市(旧伊部村)を中心として焼かれている中国地方最大の窯業地の製品。俗に伊部(いんべ)焼とも呼んでいるが,厳密にいうと,慶長(1596‐1615)以降,水簸(すいひ)した細緻な土を用い,塗り土をした黒褐色の薄手の作品を伊部手と呼び分けており,備前焼は広義の国焼としての総称である。その源流は6世紀以降,邑久郡邑久町,長船(おさふね)町,牛窓町に展開した須恵器窯(邑久古窯址群)にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

びぜんやき【備前焼】

備前から産する陶器の総称。伊部いんべ焼が代表的で、無釉むゆうと、長時間の焼き締めによる変化に富んだ器肌が特色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備前焼
びぜんやき

岡山県備前市一帯で焼かれた陶器。現在の瀬戸内市長船(おさふね)町を中心に古墳時代から続いた須恵器(すえき)が発展したもので、12、13世紀には主流を香々戸(かがと)(現備前市西部一帯)に移して、酸化炎焼成による焼き締め陶造りに転じた。14世紀に入ると、東は鎌倉から西日本の太平洋側を主とした商圏を確立し、甕(かめ)、壺(つぼ)、すり鉢を中心とした日常雑器のほか、茶壺、花瓶などの什器(じゅうき)も焼かれ、中央文化に密着していたと思われる。今日の備前市北部一帯の山中にあった窯(かま)は、室町後期には伊部(いんべ)集落に集約され、南、北、西の三大窯で共同生産体制を確立した。この大窯で桃山時代のわびの茶陶を焼造し、とくに水指(みずさし)、花いけなどに優作を残し、火襷(ひだすき)とよばれる緋色(ひいろ)の装飾法も考案された。桃山以前のものを古備前とよぶが、桃山後期から江戸初頭にかかる17世紀前半には、薄造りの茶陶、いわゆる伊部手(いんべで)をつくって作風は新展開した。江戸時代以降のものを伊部焼という。江戸後期にはさらに細工に徹して置物に秀作を残し、昭和に入って復興陶芸のブームに乗じてふたたび桃山茶陶が注目を集め、わびの茶陶造りで高名を得ている。釉薬(ゆうやく)をかけずに素地(きじ)の渋い味わいを生かすのが特色で、肌は火や窯の状態でさまざまに変化するが、その変化の状態で種々の呼称がある。[矢部良明]
『伊東晃編『日本陶磁全集10 備前』(1977・中央公論社) ▽『世界陶磁全集4 桃山1』(1977・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の備前焼の言及

【金重陶陽】より

…本名勇。父の金重楳陽に備前焼の陶技を学ぶ。若いころから桃山時代の茶陶に魅せられて,その研究に没頭,胎土の吟味,ろくろの成形,窯の構造やたき方を工夫して第2次大戦前にほぼ桃山風備前の再現に成功した。…

【福岡市】より

…福岡荘は吉井川の河口に近く船の遡上が可能で,山陽道との交点に当たることから備前南部の物資集散の要衝となった。米,材木のほか,吉井,長船(おさふね),福岡の備前刀,香登(かがと),伊部(いんべ)の備前焼などの取引が行われ,その繁栄のようすは《一遍聖絵(いつぺんひじりえ)》や,今川了俊の《道ゆきぶり》にも描かれて,全国的にも著名な市であった。しかし,戦国末期に宇喜多直家が岡山城を築いたとき,その城下町に福岡市の商人を大量に移住させたこと,近世初頭の吉井川の大洪水で,潰滅的な打撃をうけたことが重なって衰亡した。…

※「備前焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

備前焼の関連キーワード伊部焼岡山県備前市伊部岡山県備前市浦伊部岡山県備前市久々井岡山県備前市坂根岡山県備前市佐山岡山県備前市閑谷岡山県備前市野谷岡山県備前市福田岡山県備前市穂浪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備前焼の関連情報