コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮頃鮒 ニゴロブナ

デジタル大辞泉の解説

にごろ‐ぶな【煮頃×鮒】

フナの一亜種。全長約40センチ。体高が低く、体は筒形に近い。琵琶湖特産で、鮒鮨の材料として珍重。まるぶな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にごろぶな【煮頃鮒】

コイ目の淡水魚。全長約40センチメートル。フナの仲間で琵琶湖特産のうちゲンゴロウブナより体高が低くて丸い形のもの。特に小さいものをガンゾとも呼ぶ。マルブナ。ニゴロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煮頃鮒の関連キーワードガンゾ淡水魚ニゴロフナ煮頃

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android