コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮頃鮒 ニゴロブナ

大辞林 第三版の解説

にごろぶな【煮頃鮒】

コイ目の淡水魚。全長約40センチメートル。フナの仲間で琵琶湖特産のうちゲンゴロウブナより体高が低くて丸い形のもの。特に小さいものをガンゾとも呼ぶ。マルブナ。ニゴロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煮頃鮒の関連キーワードガンゾ淡水魚ニゴロフナ煮頃

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android