煮頃鮒(読み)ニゴロブナ

大辞林 第三版の解説

にごろぶな【煮頃鮒】

コイ目の淡水魚。全長約40センチメートル。フナの仲間で琵琶湖特産のうちゲンゴロウブナより体高が低くて丸い形のもの。特に小さいものをガンゾとも呼ぶ。マルブナ。ニゴロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にごろ‐ぶな【煮頃鮒】

〘名〙 コイ目コイ科の淡水魚。全長三五センチメートルに達する。琵琶湖特産の鮒の一種。同じく琵琶湖特産種のゲンゴロウブナに似ているが、下顎後端が角ばるとともに、体高は低く体幅は厚い。周年、湖の沿岸部の中・底層域に生息し、半底生性の浮遊動物を捕食。産卵期は四~七月。名産「鮒鮨(ふなずし)」の材料で、特に抱卵個体が喜ばれる。にごろ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android