コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珍重 チンチョウ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐ちょう【珍重】

[名](スル)
珍しいものとして大切にすること。「酒の肴(さかな)として珍重される食品」
自分を大切にすること。手紙文で自重・自愛をすすめる語。
めでたいこと。祝うべきこと。
「源六を討ち取る事―の至りなり」〈浄・頼光跡目論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんちょう【珍重】

( 名 ) スル
めずらしがって大切にすること。 「舶来物として-される」
自らを大切にすること。主に書簡で、相手に自重自愛をすすめる意で用いられる。 「願わくは-にせよかしとて/妾の半生涯 英子
めでたいこと。祝うべきこと。 「まずはご無事で-/浄瑠璃・二つ腹帯」
連歌や俳諧で用いるほめ言葉。至極結構の意。 「月の御発句、花の御脇、あふそれながら-/咄本・昨日は今日」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

珍重の関連キーワード虎は死して皮を留め人は死して名を残すフランキンセンス山田太郎左衛門ペリドット鱁鮧・潤香石打ちの羽宵琴益見もうで餅キャビアあんのしベルーガ銅族元素カラスミルソン壺終り初物モリーユザリガニ端渓硯古近江鼻煙壺

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

珍重の関連情報