熊谷三太郎(読み)くまがい さんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷三太郎 くまがい-さんたろう

1871-1951 大正-昭和時代の実業家。
明治4年10月23日生まれ。熊谷太三郎の父。明治31年郷里福井県の京都電灯宿布発電所の土木工事をうけおい,以後水力発電所や鉄道敷設工事を手がける。飛島組役員をへて昭和13年熊谷組を創立。この間大正14年福井市会議員。昭和14年貴族院議員。昭和26年5月1日死去。79歳。旧姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android