熊野権現御垂迹縁起(読み)くまのごんげんごすいじゃくえんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

くまのごんげんごすいじゃくえんぎ【熊野権現御垂迹縁起】

熊野権現が紀州熊野に鎮座し,世に知られるようになったいきさつを書いた縁起記。完本は伝わらないが,《長寛勘文》や《証菩提山等縁起》《熊野山略記》などに引用されており,その内容が知られる。熊野三所権現がの天台山を発して鎮西彦山,伊与石槌,淡路遊鶴羽(ゆづるは)峰へと順次天下り,次いで紀伊切目山西海北岸の松の木の下に御し,やがて熊野新宮南の神倉峰(かんくらのみね)に降臨し,また新宮東阿須賀(あすか)社北の石淵谷に鎮まり,最後は本宮大湯原の一位の木にとどまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android