完本(読み)カンポン

図書館情報学用語辞典の解説

完本

(1)著作物の内容に省略など欠落がまったくない全な版.「簡略版」や「抄本」に対する用語.ただし,モラルなどの面から好ましくないとされる箇所もカットせず,完全版として刊行されたものは,「無削除版(unexpurgated edition)」と呼ばれる.(2)複数巻からなる全集,叢書など,いわゆるそろい物で,全巻が1冊も欠けないで完全にそろっているもの.「欠本」「端本」「零本」に対する用語.(3)落丁乱丁,破れなどのない完全な図書.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ぽん クヮン‥【完本】

〘名〙 何冊かの組で公にされ、その全部が揃っている書物。揃いもの、全集などで、一冊も欠けないで完全に揃っている書籍。また、一部を抄録した本に対して、全部の内容をおさめた本。
※文明東漸史(1884)〈藤田茂吉〉自序「此等の書を蔵むる者、皆其煩累を恐れて、或は之を秦火に附し〈略〉遂に完本を存せざるに至れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

完本の関連情報