コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬飼 いぬかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬飼
いぬかい

大分県南西部,豊後大野市北東部の旧町域。大野川の中流域に位置する。野津川,茜川,柴北川などが大野川本流と合する地域にある。 1903年町制。 1955年長谷村,戸上村の2村と合体。 2005年朝地町,大野町,緒方町,三重町,清川村,千歳村と合体し,豊後大野市となる。中心部の犬飼は大野川の遷急点にあたり,古くから河港として発展。江戸時代は岡藩 (竹田藩) の参勤交代や物資輸送の要地で,明治以後も大野川最大の河港であった。河岸段丘上に南北に細長い町並みを形成。段丘上には水田があるが,周辺部は阿蘇溶岩の火山灰台地で水に乏しく,カボスなどの畑地として利用。 1964年に周辺市町と合わせて指定された新産業都市に含まれ,住宅地化と農家の兼業化が進んだ。田原の磨崖仏犬飼石仏として国の史跡に指定。犬江釜峡 (けんこうふきょう) は南画風の絶景として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐かい〔‐かひ〕【犬飼】

鷹(たか)狩りに使う猟犬を飼育する業の人。いぬかいびと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬかい【犬飼】

犬の飼育を職業とする人。特に、鷹たか狩り用の犬を飼育する者。犬飼人いぬかいびと。犬引き。犬遣り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬飼
いぬかい

大分県南部、大野郡にあった旧町名(犬飼町(まち))。現在は豊後大野(ぶんごおおの)市の北東部にあたる地域。旧犬飼町は1903年(明治36)町制施行。1955年(昭和30)長谷(ながたに)、戸上(とのうえ)の2村と合併。2005年(平成17)三重(みえ)町、清川(きよかわ)村、緒方(おがた)町、朝地(あさじ)町、大野(おおの)町、千歳(ちとせ)村と合併して市制施行、豊後大野市となった。当地は、江戸時代に竹田藩が熊沢蕃山(くまざわばんざん)送別の狩りをこの地で催した際、病んだ猟犬を藩主中川入山(にゅうざん)自ら看病したので、犬飼場というようになったという。大野川とその支流の野津(のつ)川、茜(あかね)川、柴北(しばきた)川が流れ、JR豊肥(ほうひ)本線と国道10号、57号、326号がこれらに沿って走る。中心部は竹田藩の河港として発達した所で、河岸段丘は水田、河谷間の丘陵は畑、西部山地は森林で、米、タバコ、繭、シイタケ、木材が主産物。田原の犬飼石仏は、像高3.76メートルの不動明王座像と1.7メートルの二童子像からなり、国指定史跡。名物にどんこ釣り大会(5月5日)がある。[兼子俊一]
『『犬飼町誌』(1978・犬飼町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

犬飼の関連キーワード大分県豊後大野市犬飼町田原鹿児島県霧島市牧園町宿窪田デトロイト・メタル・シティ徳島県徳島市八多町八屋大分県豊後大野市埼玉県立浦和高校犬養万葉記念館千歳(旧村名)豊後大野(市)豊後大野[市]南総里見八犬伝わし座(鷲座)浅間[温泉]入広瀬[村]武蔵屋 嘉市ヨーヨー・マ犬田小文吾半田 良平アルタイル小日向文世

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬飼の関連情報