コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬飼 いぬかい

4件 の用語解説(犬飼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬飼
いぬかい

大分県南西部,豊後大野市北東部の旧町域。大野川の中流域に位置する。野津川,茜川,柴北川などが大野川本流と合する地域にある。 1903年町制。 1955年長谷村,戸上村の2村と合体。 2005年朝地町,大野町,緒方町,三重町,清川村,千歳村と合体し,豊後大野市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐かい〔‐かひ〕【犬飼】

鷹(たか)狩りに使う猟犬を飼育する業の人。いぬかいびと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いぬかい【犬飼】

犬の飼育を職業とする人。特に、鷹たか狩り用の犬を飼育する者。犬飼人いぬかいびと。犬引き。犬遣り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬飼
いぬかい

大分県南部、大野郡にあった旧町名(犬飼町(まち))。現在は豊後大野(ぶんごおおの)市の北東部にあたる地域。旧犬飼町は1903年(明治36)町制施行。1955年(昭和30)長谷(ながたに)、戸上(とのうえ)の2村と合併。2005年(平成17)三重(みえ)町、清川(きよかわ)村、緒方(おがた)町、朝地(あさじ)町、大野(おおの)町、千歳(ちとせ)村と合併して市制施行、豊後大野市となった。当地は、江戸時代に竹田藩が熊沢蕃山(くまざわばんざん)送別の狩りをこの地で催した際、病んだ猟犬を藩主中川入山(にゅうざん)自ら看病したので、犬飼場というようになったという。大野川とその支流の野津(のつ)川、茜(あかね)川、柴北(しばきた)川が流れ、JR豊肥(ほうひ)本線と国道10号、57号、326号がこれらに沿って走る。中心部は竹田藩の河港として発達した所で、河岸段丘は水田、河谷間の丘陵は畑、西部山地は森林で、米、タバコ、繭、シイタケ、木材が主産物。田原の犬飼石仏は、像高3.76メートルの不動明王座像と1.7メートルの二童子像からなり、国指定史跡。名物にどんこ釣り大会(5月5日)がある。[兼子俊一]
『『犬飼町誌』(1978・犬飼町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬飼の関連キーワード大分県豊後大野市大野町大原大分県豊後大野市大野町桑原大分県豊後大野市大野町澤田大分県豊後大野市大野町田代大分県豊後大野市大野町十時大分県豊後大野市大野町長畑大分県豊後大野市大野町藤北大分県豊後大野市大野町矢田大分県豊後大野市大野町屋原大分県豊後大野市緒方町下自在

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犬飼の関連情報