コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱伝導グリース

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

熱伝導グリース

半導体部品によっては、消費電力が大きくて発熱量も大きく、放熱対策を行なわないと、破壊されるものもある。そうした場合、ヒートシンクと呼ばれる放熱用フィンを部品に取り付ける。このとき、両者をぴったり密着させないと、放熱効果が悪くなってしまう。そこで、この熱伝導グリースを両者の間に塗り込んで隙間を埋めると、密着させた分、よく熱も伝わるようになり、放熱効果が上がる。熱伝導グリースの一種としては、シリコングリスがよく知られている。PCでは、CPUクーラーをCPUに装着するときによく使われる。熱伝導グリースの代わりに、熱伝導シールという熱の伝わりやすいシールを使うこともできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつでんどう‐グリース〔ネツデンダウ‐〕【熱伝導グリース】

コンピューターのCPUなどの放熱を促すグリース。CPUと金属製のヒートスプレッダーまたはヒートシンクの間に塗布し、隙間を埋めることで熱伝導率を高める。主成分はシリコーンで、銀などの金属粒子を含むものもある。サーマルグリース放熱グリース

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

熱伝導グリースの関連キーワードシリコーングリースコンピューター

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android