熱田大宮司範直(読み)あつただいぐうじ のりなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「熱田大宮司範直」の解説

熱田大宮司範直 あつただいぐうじ-のりなお

?-? 鎌倉時代神職
承久(じょうきゅう)2年(1220)父保範のをつぎ,尾張(おわり)(愛知県)熱田神宮大宮司となる。承久のでは後鳥羽上皇方についたため,敗戦とともに幕府によりそのを解かれた。本姓千秋(せんしゅう)。通称は白川大宮司。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android