コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱田大宮司親昌 あつただいぐうじ ちかまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熱田大宮司親昌 あつただいぐうじ-ちかまさ

?-? 南北朝時代の神職。
尾張(おわり)(愛知県)熱田神宮大宮司建武(けんむ)2年(1335)足利尊氏が建武政権に反乱をおこすと後醍醐(ごだいご)天皇方として新田義貞軍にくわわり,遠江(とおとうみ)鷺(さぎ)坂で尊氏軍をやぶる。建武5=延元3年北畠顕家の征討軍にしたがい,各地を転戦した。本姓は千秋(せんしゅう)。法名は源雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熱田大宮司親昌の関連キーワード南北朝時代千秋親昌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android