コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燧石状砕屑岩 ひうちいしじょうさいせつがんflinty crush rock

岩石学辞典の解説

燧石状砕屑岩

動力変成作用によって形成された黒いフリント状の岩石で,圧砕岩に伴われ,圧砕岩の全部か一部が熔融したことを示す.一般に特定の構造を示さないが時に再結晶作用の初期の痕跡が見られる.断層帯に隣接した脈や鉱条(stringer)として産出し,超圧砕(ultracrushing)を受け断層に沿った細粒に粉砕された岩石の粉が一部は熔融して形成されたもの[Clough : 1907, Shand : 1916].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

燧石状砕屑岩の関連キーワードフリント状圧砕岩動力変成作用

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android