蝋燭(読み)ろうそく

精選版 日本国語大辞典「蝋燭」の解説

ろう‐そく ラフ‥【蝋燭】

〘名〙
① 糸または紙をより合わせたものを芯(しん)として、その周囲をまたはパラフィン蝋で塗り固め、円柱状に成型して灯火の用に供するもの。用途によって大きさ、形など種々ある。ろうしょく。らっそく。らんそく。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「合蝋燭肆拾斤捌両〈通物〉」
太平記(14C後)三「本堂へ上て見れば、是ぞ皇后とて、蝋燭(ラウソク)数多所に燃(とぼさ)れて」 〔西京雑記
② 紋所の名。①をかたどったもの。丸に一つ蝋燭、三つ割り蝋燭などがある。
③ 手淫をいう。
※雑俳・銀土器(1716‐36)「らうそくの仕様見て居る丸額」
[語誌](①について) (1)仏教とともに伝来し、当初は仏教の儀式用として宮廷寺院で用いられた。一般に使われるようになるのは、江戸時代に入ってからであるが、語形にはランソク・ラッソクなどゆれがある。
(2)まずはの巣で作る蜜蝋燭の製法が伝わり、後に、の実から蝋を採って作る製法が伝わった。
(3)国産のものが製造されるようになったのは室町時代後期から。江戸時代には「木蝋」として技術的に発達し、急速に普及した。

らっ‐そく【蝋燭】

〘名〙 (「らふそく」の変化した語) =ろうそく(蝋燭)
※太平記(14C後)三三「蝋燭(ラッソク)に燃(とぼ)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蝋燭」の解説

ろう‐そく〔ラフ‐〕【××燭】

縒(よ)り糸や紙を縒り合わせたものを芯(しん)にし、蝋やパラフィンを円柱状に成型して灯火に用いるもの。「蝋燭をともす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android