コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爪形文 つめがたもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爪形文
つめがたもん

縄文土器文様の一種。爪形様圧痕を総称する。半截竹管や二枚貝などの原体からつくりだされるが,縄文時代草創期には器面全体に爪形文を施す特徴的な様式があり,人間の爪で施文したものも含まれる。その後,前期には連続爪形文が大いに発達し,中期まで続く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

爪形文の関連キーワード渡具知東原遺跡西鹿田中島遺跡泉福寺洞穴遺跡小瀬ヶ沢洞穴小瀬ガ沢洞窟磯之森貝塚火箱岩洞窟伊礼原遺跡泉福寺洞窟大鹿窪遺跡大阪(府)泉福寺洞穴北白川遺跡椛の湖遺跡半截竹管文大立洞窟日向洞窟福井洞窟上場遺跡曽根遺跡

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android