コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山鉄篆 かたやま・てってん

朝日日本歴史人物事典の解説

片山鉄篆

生年:生没年不詳
江戸後期の篆刻家。書や篆刻に優れていた片山渤海(春吾)の娘。安政のころの人であろうといわれている。名は伊与。京都に住み,父に学んだ。墨蘭,墨竹の絵にたくみであった。そのかたわら彫虫の技術に長じ,世人はその作品を賞した。<参考文献>中井敬『日本印人伝』,『大日本書画名家大鑑』

(栗原弘)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android