コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山鉄篆 かたやま・てってん

1件 の用語解説(片山鉄篆の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

片山鉄篆

生年:生没年不詳
江戸後期の篆刻家。書や篆刻に優れていた片山渤海(春吾)の娘。安政のころの人であろうといわれている。名は伊与。京都に住み,父に学んだ。墨蘭,墨竹の絵にたくみであった。そのかたわら彫虫の技術に長じ,世人はその作品を賞した。<参考文献>中井敬『日本印人伝』,『大日本書画名家大鑑』

(栗原弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片山鉄篆の関連キーワード桑名鉄城李鍾菅一翁池永一峰小笠原常徳西村鹿銜穂積尼橋前川虚舟益田勤斎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone