コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨竹 ぼくちく

百科事典マイペディアの解説

墨竹【ぼくちく】

墨一色で描いた竹の絵。起源は明らかでないが,晩唐〜五代のころ中国で描かれ始めたらしく,北宋の時代に文同蘇軾らの文人画家によって形式が整えられた。元代の管道昇倪【さん】(げいさん),王【ふつ】(おうふつ)らが著名。
→関連項目姜希顔高克恭呉鎮水墨画趙孟【ふ】趙令穣李【かん】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の墨竹の言及

【四君子】より

…気品の高いことを君子にみたてた4種類の植物,すなわち蘭,菊,梅,竹をいう。水墨によるかっこうの主題として,墨竹は唐末,墨梅は北宋末,墨蘭は南宋末,墨菊は明より描かれたが,これ以降しばしば文人による墨戯として,さまざまな組合せで描かれた。類似の画題に歳寒三友(松,竹,梅)がある。…

※「墨竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

墨竹の関連キーワード武田耕雲斎明堂宗宣黄檗来鳳細川林谷神原友于黄檗祖関柳沢淇園亀井東渓野馬一道吉田蔵沢浅井図南大窪詩仏山科李蹊吉田南陽蒔田雲処岡部南岳岡部南嶽小林玉潤山本岑鼎大鵬正鯤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨竹の関連情報