コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片江 かたえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片江
かたえ

島根県北東部、松江市の一地区。旧片江村。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』には片結郷(かたえのさと)と記される。日本海に臨み、機船底引網の発祥地。境(さかい)、浜田両港に根拠を置く出稼ぎ漁業がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の片江の言及

【美保関[町]】より

…72年に対岸の鳥取県境港市と結ぶ境水道大橋が完成した。日本海に臨む北岸の片江は,大正中期の機船底引網漁業の片江船団発祥の地で,町役場はここにある。【池田 善昭】
[歴史]
 古代・中世には出雲国島根郡美保郷の一部。…

※「片江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片江の関連キーワード機船底引網渋谷 兼八松江(市)島根半島

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片江の関連情報