コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美保関 みほのせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美保関
みほのせき

島根県北東部,松江市北東部の旧町域。島根半島東端にある。 1924年町制。 1955年千酌村,片江村,森山村の3村と合体。 2005年松江市,鹿島町,島根町,八雲村,玉湯町,宍道町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。中心集落の美保関は古くから北陸水路の要衝,漁港として,近世は西回り航路の風待ち港,コトシロヌシノミコトをまつる美保神社の門前町として発展。明治末期からは京阪神方面へ水産物の販路を開き商業も栄えた。現在は地元漁船の基地。日本海に臨む七類海岸 (名勝) をはじめとする海岸美や,美保湾に臨む関ノ五本松で有名な五本松公園など観光資源に恵まれ,国の史跡指定の権現山洞窟住居跡サルガ鼻洞窟住居跡がある。 1972年境水道に境大橋が完成して鳥取県境港市と結ばれた。片江は機船底引網漁業の「片江船団」で知られる。美保関灯台を含む日本海側沿岸一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みほのせき【美保関】

島根県北東部、松江市の地名。島根半島の先端に位置し、北陸水路の古くからの要港で、隠岐おきに渡る海関が置かれていた。美保神社や関の五本松で知られた五本松公園がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美保関
みほのせき

島根県東部、八束(やつか)郡にあった旧町名(美保関町(ちょう))。現在は松江市の北東部を占める地域。島根半島の東端に位置し、北は日本海、南は美保湾、境(さかい)水道、中海(なかうみ)に臨む。旧美保関町は、1924年(大正13)町制施行。1955年(昭和30)千酌(ちくみ)、森山、片江の3村と合併。2005年(平成17)松江市に合併。国道431号、485号が通じ、松江からの定期バスがあり、境水道大橋(1972年完成)により境港(さかいみなと)市(鳥取県)などと結ばれる。地域の80%近くを山林が占めているが、丘陵地ではミカン、カキなどが栽培されている。七類(しちるい)港は隠岐(おき)航路の基点。美保関地区は古くから海関の置かれた地で、室町期には朝鮮、九州、北陸への船の寄港地、近世は西廻(にしまわり)航路の風待ち港として繁栄。また美保神社の鳥居前町でもある。日本海に面した千酌、片江なども古くから天然の良港として知られ、片江は機船底引網漁業の発祥地。半島東部は美保ノ北浦(国指定名勝)など景勝地が多く、大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部。縄文時代の権現山洞窟(ごんげんやまどうくつ)住居跡、サルガ鼻洞窟住居跡はともに国指定史跡。仏谷寺(ぶっこくじ)の薬師如来など5体の仏像が重要文化財に指定されている。民謡『関の五本松』の発祥地。[江村幹雄]
『『片江郷土誌』(1965・同書編集委員会) ▽『美保関町史料』(1979・美保関町) ▽『美保関町誌』(1986・美保関町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

美保関の関連キーワード島根県松江市美保関町美保関島根県松江市美保関町七類地蔵崎(島根県)島根県松江市美保関[町]青柴垣の神事西ノ島[町]沖ノ御前島知夫(村)青柴垣神事崎ヶ鼻遺跡美保関隕石渋谷 兼八尼子経久一年神主ぶどう石尼子晴久美保の関諸手船地蔵埼

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美保関の関連情報