片淵(読み)かたぶち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かたふち」とも) 川の片方だけが深くなっている淵。川の片側にできている淵。
※書紀(720)神代下・歌謡「天離る鄙つ女の い渡らす迫門(せと) 石川箇輔智(カタフチ)輔智(カタフチ)に 網張り渡し」
※十六夜日記(1279‐82頃)「この川、堤の方はいと深くて片方は浅ければ、かた淵の深き心はありながら人目つつみにさぞせかるらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片淵の関連情報