コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牙笏 げしゃく

大辞林 第三版の解説

げしゃく【牙笏】

象牙でできている笏。五位以上の者が儀式の際に用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の牙笏の言及

【把笏】より

…中国では古くから把笏の制度があり,もともとは覚書などを記して備忘用としての意味をもっていた。日本では,大宝令まで把笏の規定がなかったと推測され,養老衣服令で初めて把笏が規定されたが,実態的には大宝令制下719年(養老3)2月,はじめて職事官(しきじかん)に把笏が命ぜられ,五位以上の貴族官僚は牙笏(げのしやく),六位以下は木笏(もくしやく)をもつと区別された。そして同年6月における把笏身分の範囲拡大をはじめとして,しだいに身分を降して範囲が広げられたが,その把笏身分の範囲にある官僚・職員たちを〈把笏之色(はしやくのしき)〉とよび,範囲外の職員と区別された。…

※「牙笏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

牙笏の関連キーワード礼服(らいふく)道明寺天満宮戸隠神社戸隠把笏象牙儀式

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android