コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白帯 シロオビ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐おび【白帯】

白色の帯。
柔道空手道などで、段位のない者が締める白色。また、その人。

はく‐たい【白帯】

白い帯。また、白い帯状のすじ。
白帯下(はくたいげ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろおび【白帯】

白い帯。
柔道・空手・合気道などで、まだ段位のないものがつける白い帯。また、その人。

はくたい【白帯】

白い帯。また、白いすじ。
白い包帯。
「白帯下」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白帯の関連キーワードハシナガイルカ(嘴長海豚)サカハチチョウ(逆八蝶)シジュウカラ(四十雀)マネシツグミ(真似鶫)シロチドリ(白千鳥)ガビチョウ(画眉鳥)ベニマシコ(紅猿子)マツカレハ(松枯葉)ヘキシルレゾルシンジュウイチ(十一)コクチョウ(黒鳥)藪蚊・豹脚蚊・薮蚊ホタルガ(蛍蛾)ダイゼン(大膳)ダイミョウセセリ錦華鳥・錦花鳥ブレオマイシンイカル(桑鳲)リンゴ(林檎)真似鶫・真似鶇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白帯の関連情報