コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛村古城址 ぎゅうそんこじょうしNiú cūn gǔ chéng zhǐ

1件 の用語解説(牛村古城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゅうそんこじょうし【牛村古城址 Niú cūn gǔ chéng zhǐ】

中国,山西省侯馬市の北西にある春秋戦国時代の城址。この地は,北に汾水が,南に澮水が流れ,春秋時代に晋国の都が置かれた〈新田〉に比定されている。付近には,牛村古城のほか,白店古城,平望古城,台神古城,馬荘古城,呈王古城などの古城址が多数残り,1957年以来たびたび調査が行われている。牛村古城は,ほぼ長方形を呈し,南北長1340~1740m,東西幅1100~1400mの面積を有し,城の北西角は平望古城に重なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone