コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侯馬盟書 こうばめいしょ Hóu mǎ méng shū

1件 の用語解説(侯馬盟書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうばめいしょ【侯馬盟書 Hóu mǎ méng shū】

中国,1965年から66年にかけて山西省侯馬市東郊の東周時代の祭祀関係遺跡で発見された盟書。盟書とは誓盟の内容を書いたもので載書ともいう。侯馬の盟書は石片,玉片の上に毛筆で朱書されており,盟書5000余点のうち文字の識別できるものは656点である。内容の解明にはなお時間を要するが,発見場所が晋の国都の公的な祭祀場であることから,主盟者は晋公で,誓盟には晋の六卿で,のち趙の建国の基礎固めをした趙鞅(ちようおう)が関係しており,時期は春秋晩期の前5世紀半ばごろまでと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

侯馬盟書の関連キーワード山西省GEOS太行山脈長征掛けて目に掛ける雲崗衛綰フォーコーツシスケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone