コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侯馬盟書 こうばめいしょHóu mǎ méng shū

世界大百科事典 第2版の解説

こうばめいしょ【侯馬盟書 Hóu mǎ méng shū】

中国,1965年から66年にかけて山西省侯馬市東郊の東周時代の祭祀関係遺跡で発見された盟書。盟書とは誓盟の内容を書いたもので載書ともいう。侯馬の盟書は石片,玉片の上に毛筆で朱書されており,盟書5000余点のうち文字の識別できるものは656点である。内容の解明にはなお時間を要するが,発見場所が国都の公的な祭祀場であることから,主盟者は晋公で,誓盟には晋の六卿で,のち趙の建国の基礎固めをした趙鞅(ちようおう)が関係しており,時期は春秋晩期の前5世紀半ばごろまでと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

侯馬盟書の関連キーワード金石文

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android