コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都城 トジョウ

6件 の用語解説(都城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

と‐じょう〔‐ジヤウ〕【都城】

周囲に城壁をめぐらした都市。また、城郭のある都市。

みやこのじょう〔みやこのジヤウ〕【都城】

宮崎県南西部、都城盆地の大半を占める市。もと島津氏支藩の城下町ラッキョウ・茶の産地。平成18年(2006)1月、山之口町・高城町・山田町・高崎町と合併。人口17.0万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とじょう【都城】

都城とはもともと城郭に囲まれた都市をさすが,一般には特に国の首都ないし副都となった都市をさすことが多い。中国で最初の統一王朝を建国した秦の始皇帝は,長安(現,西安)の北西にあたる咸陽城を拡張して統一帝国の首都にふさわしい大都城としたが,秦の滅亡の際にすっかり焼き払われた。前漢は長安に,後漢は洛陽それぞれ都城をおいて以後,これら長安と洛陽は,しばしば後の王朝の首都あるいは副都となった。すなわち長安は五胡十六国時代の前趙,夏,前秦,後秦と西魏,北周,隋,唐の各王朝の首都であり,洛陽は三国の魏,西晋,北魏,後唐の首都で,隋と唐の副都とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とじょう【都城】

城郭をめぐらした都市。 〔本来、中国の長安・洛陽のような城郭に囲まれた都市をいう〕

みやこのじょう【都城】

宮崎県南西部の市。都城盆地の商業・交通の中心。島津氏発祥の地で、江戸時代には薩摩藩支藩が置かれた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都城の関連情報