牧野忠周(読み)まきの ただちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠周 まきの-ただちか

1721-1772 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)6年9月21日生まれ。牧野忠寿(ただかず)の子。享保20年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家5代となる。延享3年致仕して忠軌(ただのり)と名をあらためた。明和9年6月28日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android