コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠寿 まきの ただなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠寿 まきの-ただなが

まきの-ただかず

牧野忠寿 まきの-ただかず

1695-1735 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩主本多康慶(やすよし)の3男。牧野忠辰(ただとき)の養子となり,享保(きょうほう)6年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家4代。8年奏者番となる。享保20年10月2日死去。41歳。通称は源次郎,靱負。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野忠寿の関連キーワード牧野忠周荷田春満

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android