コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噺本 はなしぼん

百科事典マイペディアの解説

噺本【はなしぼん】

江戸時代の文芸の一種で,笑話を集めた本。元和(1615年―1624年)ころ刊行の《戯言養気集》《きのふはけふの物語》《醒睡笑》等,貴族や諸侯に仕えた御伽衆(おとぎしゅう)の笑話を集めた仮名草子に始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなしぼん【噺本】

江戸時代の庶民文芸の一種で,短い笑話を集めた本。咄本とも書き,軽口(かるくち)本ともいう。江戸時代を通じて1000余種も刊行され,数万にのぼる笑話が紹介された。江戸時代の前期は京坂を中心に,後期は江戸を中心に流行。噺本は笑話が主体であるが,咄の末尾に〈落ち〉(サゲ)をつけるところに特色がある。1772年(安永1)に刊行された木室卯雲(きむろぼううん)の《鹿の子(かのこ)餅》が噺本史を前後期にわける分岐点に立つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

噺本
はなしぼん

江戸時代の文学ジャンルの一つ。短い笑話を集めたもので、噺(はなし)の本の意味である。江戸時代を通して行われ、約1000点の作品が出版されたが、1772年(安永1)ごろの文運東漸期を境に、前期は上方(かみがた)を中心に、後期は江戸を中心に行われた。前期では『戯言養気集(ぎげんようきしゅう)』『きのふはけふのものがたり』『醒睡笑(せいすいしょう)』などがごく初期のものであり、これらは御伽衆(おとぎしゅう)や説教僧の手によって集められた笑話であり、実在人物の機知に富んだ逸話も多くあった。これが1679、80年(延宝7、8)ごろには特殊な軽口(かるくち)本の形式が確立する。「……と云(い)うた」形式をとり、固有名詞や教訓性をいっさい捨て去った一般的笑話であり、創作笑話であった。元禄(げんろく)(1688~1704)ごろには京に露の五郎兵衛、江戸に鹿野武左衛門(しかのぶざえもん)、大坂に米沢彦八らの職業的咄家(はなしか)が登場して座敷咄(ざしきばなし)や辻咄(つじばなし)を行う一方、『露がはなし』『鹿の巻筆』その他の咄家の噺本も出版された。これらの軽口本は明和(めいわ)(1764~72)末年まで京坂を中心に行われたが、1772年(明和9)の『鹿子餅(かのこもち)』の刊行を境に『楽牽頭(がくたいこ)』『聞上手(ききじょうず)』以下の江戸小咄本が爆発的盛行をみせる。これは、軽口本の咄より短く、会話体で言い切る歯切れのよい、機知に富んだ小咄であった。この江戸小咄の盛行は安永(あんえい)期(1772~81)だけで、天明(てんめい)(1781~89)以降は衰退の一途をたどり、先行作の嗣足(つぎたし)改題本や、黄表紙仕立(きびょうしじたて)本の改作ものが大半を占めるようになる。そのような状況のなかで、烏亭焉馬(うていえんば)の咄の会や、幇間(ほうかん)の桜川慈悲成(じひなり)のお座敷咄が行われ、やがて三笑亭可楽(さんしょうていからく)が三題咄によって登場し、文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)には寄席(よせ)が盛行を極め、文政末には125軒もの寄席が数えられるまでになる。さらに石井宗叔(そうしゅく)によって長咄が始められ、現行落語の原形が整えられ、咄は読む小咄から聞く落語へと変貌(へんぼう)していった。この口演落語盛行期の噺本は、安永期の小咄に比べて何倍もの冗長な行文を費やし、江戸小咄の軽妙さを失い、衰退の一途をたどった。[岡 雅彦]
『武藤禎夫編『江戸小咄辞典』(1965・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

噺本の関連キーワード談洲楼 燕枝(初代)三笑亭可楽(初代)米沢彦八(初代)林屋正蔵(初代)昨日は今日の物語米沢彦八(2代)嵐音八(初代)鹿野武左衛門寒川入道筆記筑紫園右衛門感和亭鬼武小松屋百亀三笑亭可楽桜川慈悲成魚屋北渓石川流宣三軒長屋佐川藤太大田南畝小松百亀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android