コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物体痕 ぶったいこんtool mark

岩石学辞典の解説

物体痕

礫や貝殻など古生物の遺骸などの物体が流されて水底面の上を移動して削ってできた構造のソール・マーク[Dzulynski & Sanders : 1959, Dzulynski & Walton : 1965].これらには連続的に長く伸びるものと,非連続的なものがある.物体痕として普通に見られるものにグルーブ・キャストがある[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

物体痕の関連キーワードブラッシュ・マークスライド・キャストスキップ・マークバウンス・マークプロッド・マークスコア・マーク荷重痕線構造山形マーク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android