コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物体痕(読み)ぶったいこん(英語表記)tool mark

岩石学辞典の解説

物体痕

礫や貝殻など古生物の遺骸などの物体が流されて水底面の上を移動して削ってできた構造のソール・マーク[Dzulynski & Sanders : 1959, Dzulynski & Walton : 1965].これらには連続的に長く伸びるものと,非連続的なものがある.物体痕として普通に見られるものにグルーブ・キャストがある[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android