コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物体痕 ぶったいこんtool mark

1件 の用語解説(物体痕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

物体痕

礫や貝殻など古生物の遺骸などの物体が流されて水底面の上を移動して削ってできた構造のソール・マーク[Dzulynski & Sanders : 1959, Dzulynski & Walton : 1965].これらには連続的に長く伸びるものと,非連続的なものがある.物体痕として普通に見られるものにグルーブ・キャストがある[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone