コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物体痕 ぶったいこん tool mark

1件 の用語解説(物体痕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

物体痕

礫や貝殻など古生物の遺骸などの物体が流されて水底面の上を移動して削ってできた構造のソール・マーク[Dzulynski & Sanders : 1959, Dzulynski & Walton : 1965].これらには連続的に長く伸びるものと,非連続的なものがある.物体痕として普通に見られるものにグルーブ・キャストがある[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物体痕の関連キーワード古生物学軟泥モールド古生物古生物病理学瞬間弾性率ずり粘度ズーゲナイトバウンス・マーク骸泥

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone