コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部伊莒弗 もののべの いこふつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部伊莒弗 もののべの-いこふつ

日本書紀」にみえる豪族。
履中天皇2年に天皇が宮を大和(奈良県)磐余(いわれ)につくったとき,平群木菟(へぐりの-つく),蘇我満智(そがの-まち)らと国事にたずさわったとされる。「先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)」によれば,履中・反正(はんぜい)両天皇のとき大連(おおむらじ)となり,石上(いそのかみ)神宮につかえた。名は伊久仏とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

物部伊莒弗の関連キーワード物部目

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android