コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平群木菟 へぐりの つく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平群木菟 へぐりの-つく

記・紀にみえる豪族。
武内宿禰(たけしうちのすくね)の子。平群氏の祖とされる。仁徳(にんとく)天皇と同日に生まれたという。百済(くだら)(朝鮮),加羅(から)(朝鮮)につかわされるなど,外交で活躍し,仁徳天皇没後の皇位継承争いでは履中天皇をたすけたといわれる。「古事記」では名は都久とかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へぐりのつく【平群木菟】

武内宿禰(たけうちのすくね)の子で,平群氏の始祖といわれる伝説上の人物。〈ずく〉ともよぶ。《日本書紀》によると,5世紀ごろ彼はしばしば百済(くだら),加羅(から)に派遣され,新羅とも交渉をもったという。仁徳天皇の没後皇位継承争いがおきたが,彼は物部大前宿禰や阿知使主(あちのおみ)らと皇太子(のちの履中天皇)を助けたといわれる。なお,名前については,仁徳天皇と同日に生まれ,それぞれの産屋にとびこんだミミズクミソサザイの名を交換してつけたとの説話がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

平群木菟の関連キーワード物部伊莒弗平群真鳥武内宿禰弓月君葛城円

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android