平群木菟(読み)へぐりの つく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平群木菟 へぐりの-つく

記・にみえる豪族
武内宿禰(たけしうちのすくね)の子。平群氏とされる。仁徳(にんとく)天皇同日に生まれたという。百済(くだら)(朝鮮),加(から)(朝鮮)につかわされるなど,外交で活躍し,仁徳天皇没後の皇位継承争いでは履中天皇をたすけたといわれる。「古事記」では名は都久とかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へぐりのつく【平群木菟】

武内宿禰(たけうちのすくね)の子で,平群氏の始祖といわれる伝説上の人物。〈ずく〉ともよぶ。《日本書紀》によると,5世紀ごろ彼はしばしば百済(くだら),加羅(から)に派遣され,新羅とも交渉をもったという。仁徳天皇の没後皇位継承争いがおきたが,彼は物部大前宿禰や阿知使主(あちのおみ)らと皇太子(のちの履中天皇)を助けたといわれる。なお,名前については,仁徳天皇と同日に生まれ,それぞれの産屋にとびこんだミミズクミソサザイの名を交換してつけたとの説話がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android