特定資料種別(読み)とくていしりょうしゅべつ(英語表記)specific material designation

図書館情報学用語辞典の解説

特定資料種別

“資料の属する資料種別をさらに細分し,特定化した名称.(例:録音資料における「録音カセット」「録音ディスク」など)”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).一部の資料に関して,形態的記述エリアに,その資料の個数(およびその構成単位の数量や演奏時間,再生時間などを含む)とともに記録される.なお,本タイトルの直後に記録され,その資料の大まかな種別を知らせる「資料種別」とは区別される.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android