コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊戦争 とくしゅせんそうspecial warfare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊戦争
とくしゅせんそう
special warfare

正規戦争に対して,ゲリラ戦や対ゲリラ戦のことをいう。特殊戦争のために訓練されている部隊を特殊部隊 special forcesという。対ハイジャック部隊,あるいは空挺部隊,コマンドなども特殊部隊という場合がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特殊戦争
とくしゅせんそう
special warfare

通常の戦闘員による戦争ではなく、特殊な訓練を受けた軍事要員が特定国内で組織的な政治・軍事工作を行うことをいう。一般的な方法としては、ゲリラ戦、対ゲリラ戦、心理戦、テロ暗殺などの専門的訓練を受けた特殊部隊要員がひそかに対象国内に潜入し、特殊武器、資金、資材などを利用して、後方攪乱(かくらん)、政治工作、思想宣撫(せんぶ)工作、情報入手などを行い、あるいは要人暗殺やゲリラ活動を阻止するなどして、自国の対外政策を直接間接に有利に展開させる。1961年のアメリカCIAによるキューバ侵攻作戦、同年のルムンバ首相暗殺、ベトナム戦争初期の南ベトナムへの米特殊部隊の派遣などはその具体例。[林 茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

特殊戦争の関連キーワードベトナム戦争史(年表)南ベトナム解放民族戦線ベトナム戦争

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android