間接(読み)かんせつ

精選版 日本国語大辞典「間接」の解説

かん‐せつ【間接】

〘名〙 (形動)
① 対象との間に物を隔てて対する状態。間になかだちをたてて行なうさま。⇔直接。〔哲学字彙(1881)〕
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「当人同志が好いた仲なら間接(カンセツ)にも之を妨害するのは君子の為すべき所作でない」
② その事とはっきり示さないで、遠まわしであること。⇔直接。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「自分の提議を多少彼自らに対する間接な侮蔑を意味するものとして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「間接」の解説

かん‐せつ【間接】

中間に他のものを置いた状態で、物事が行われること。また、そういう関係にあること。「知人を通じて間接に依頼する」「間接の援助を受ける」⇔直接
遠回しに示すこと。「間接に非難する」⇔直接

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android