犬の川端歩き(読み)いぬのかわばたあるき

精選版 日本国語大辞典「犬の川端歩き」の解説

いぬ【犬】 の 川端歩(かわばたある)

食べ物などあまり落ちていない川端を、がえさをあさって歩くように、定まった目的もなく、何かにありつこうとしてうろつくこと。また、外出して、途中で何か食べたいと思いながら食べずにすましてしまうことにもいう。犬川
※洒落本・寸南破良意(1775)きおい「犬の川ばたをあるくやうだ、とろうかをあるきながら」
② えさが流れ去った後で、犬が川端をうろついても、何のかいもないように、いくら奔走してもかいのないことのたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「犬の川端歩き」の解説

犬の川端歩き

犬が川端を食べ物をあさりながら歩いても何も得られないように、何かを食べたいと思いながらも、何も食べられずに素通りして歩いていくこと。金銭がなくて店先をぶらつくこと。

[解説] 略して、「犬川」ともいいます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「犬の川端歩き」の解説

いぬ川端かわばたある

食べ物の落ちていない川端では犬は歩くだけであるが、そのように途中で飲食することなく、どこかへ行って帰ってくること。犬川。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android